このサイトはコラーゲン・ヒアルロン酸の知識がたくさんあります。コラーゲン・ヒアルロン酸のことを興味のある人へ、うれしい情報を説明しています。

コラーゲン ヒアルロン酸

キレイな人はみんな使っているヒアルロン酸とコラーゲン
■HOME

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

コラーゲン ヒアルロン酸

健康や美容を目指している人にとって、ヒアルロン酸とコラーゲンという成分は人気です。
肌に潤いを与えたり、関節の働きを滑らかにするのにどちらの成分も効果的です。
ヒアルロン酸とコラーゲンは同じような成分だと思っている人もいるようですが、実際は全く違います。
そもそも、ヒアルロン酸とコラーゲンは、それぞれ大もとになる物質が異なります。
ムコ多糖類に分類されるのがヒアルロン酸で、糖の一種です。
対してコラーゲンはたんぱく質のひとつです。
コラーゲンは、人の体にあるたんぱく質の中で3分の1を占めています。
細胞と細胞を結びつける働きが、コラーゲンにはあるといいます。
肌からコラーゲンが失われると弾力がなくなり、よりしわやたるみがはっきりしてしまいます。
コラーゲンが関節から減ってしまうと、関節が痛んだりきしんだりするのは、関節の働きが低下してしまうからです。
一方、コラーゲンは体内の保水に関わっている成分であり、1グラムのコラーゲンは6リットルの水を保持できるといいます。
コラーゲンは、体内の様々な部分に存在しています。
特に関節や肌の真皮層に多く存在していますが、コラーゲンが不足すると肌の潤いが失われていきます。
肌の水分をキープしているのはコラーゲンで、肌の細胞を結び付けているのはヒアルロン酸なのです。
年齢を重ねるとともに減少してしまうのがヒアルロン酸とコラーゲンですが、非常に肌の潤いを保つためには重要な成分だといえるでしょう。

ヒアルロン酸とコラーゲンの相乗効果

コラーゲン ヒアルロン酸

年とともにヒアルロン酸やコラーゲンを体内で生成できる量が、少なくなってしまいます。
それぞれヒアルロン酸とコラーゲンの成分は違うといいます。
皮膚の保湿や関節の働きに深く関与しており、互いが互いを補完するような存在です。
ヒアルロン酸も、コラーゲンも、どちらか片方だけで効果を発揮できるものではありません。
体のさまざまなところに存在している栄養素ですが、お肌には網の目のようにコラーゲンがとくにたくさん存在しているのです。
ヒアルロン酸を網の部分に閉じ込めることによって、皮膚の潤いを保つことができるようになっているのです。
皮膚にヒアルロン酸をキープするために不可欠なのがコラーゲンの存在です。
反対にコラーゲンだけでキープすることができないのが肌の弾力です。
相互作用の性質があることから、コラーゲンとヒアルロン酸を一度に摂取できるようにドリンクやサプリメントが多く販売されています。
一度にヒアルロン酸とコラーゲン、両方を摂取できるようにすることで、効率的に美肌や健康にいい効果を得ようというものです。
ヒアルロン酸単体やコラーゲンだけでは、しっかりと美肌の効果を得ることはできません。
ヒアルロン酸とコラーゲンの両方の成分をきちんと摂ることがサプメントなどを使う場合にはポイントになります。

ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメント

関節痛対策や美容効果を得るために、ヒアルロン酸とコラーゲンのサプリメントを活用する人が増えているそうです。
加齢とともに少しずるヒアルロン酸もコラーゲンも体内から量が減っていくもので、子供のころはたくさん体の中に存在していました。
食事で補給しても、体内で生成しても減り続ける以上は、サプリメントでの補給が最も確実な手段といえるでしょう。
ヒアルロン酸を含む食材は、フカヒレや鶏のとさか、魚の目玉、軟骨などです。
日頃の食事でこのような食品を摂るのは難しいのではないでしょうか。
毎日の食生活でヒアルロン酸を補給しようと思っても難しいため、サプリメントがよく利用されているのではないでしょうか。
今ではコラーゲンとヒアルロン酸を一緒に摂ることのできるタイプのサプリメントもよく利用されているようです。
摂取をどちらか片方だけしていても、それほど美肌にも、関節痛対策にも有効ではないといえるのです。
ヒアルロン酸とコラーゲンの両方をバランスよく摂取することが重要になります。
食品として販売されているものですので、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントで副作用が出る心配はほとんどありません。
中にはアレルギーの症状が出る人が体質によってはいるかもしれません。
どんな原材料をヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントに使っているのか、あらかじめ摂取する前にチェックしておきましょう。

コラーゲンとヒアルロン酸

様々なものに、最近はコラーゲンやヒアルロン酸が使われています。
ヒアルロン酸配合のスキンケア用品やドリンクなどが店頭に並んでおり、使ったことがある人も少なくないようです。
実際にコラーゲンとヒアルロン酸には、どのような特徴があるのか調べてみました。
コラーゲンサプリメント、ヒアルロン酸サプリメント、あるいはどっちの成分も入っているサプリメントなども注目されているようです。
コラーゲンとヒアルロン酸はよくセットになっていることが多いので、もしかしたら似ている成分だと思っている人も少なくないでしょう。
実際はコラーゲンとヒアルロン酸は全く異なった役割をしています。
コラーゲンは、突きつめればたんぱく質です。
お肌にハリと健康を維持する効果や、膝や肘など関節のある部分の動きをスムースにする効果がコラーゲンにはあるといいます。
ヒアルロン酸はムコ多糖液といわれる物質の一種で体中に存在している成分です。
1gのヒアルロン酸は6リットルの水を保つことができるとされており、保水力が強いことから体内の水分を保つ役割を果たしています。
体内のヒアルロン酸が減ってくると関節が痛くなったり、肌の水分量も減ってくるので、乾燥して潤いが無くなってきます。
コラーゲンやヒアルロン酸は加齢によっても減少してくる成分なので、年齢を重ねるにしたがって、お肌のハリや潤いが減ってしわができてしまう原因のひとつでもあります。

コラーゲンとヒアルロン酸不足について

しみやしわは、肌の保湿力が低下するとできやすくなります。
保湿力は、ヒアルロン酸やコラーゲンによって保たれます。
口もとのしわや目じりのしわが、影響を受けやすいようです。
ほうれい線や笑いシワは、早い人は20代後半ぐらいから現れる人もいます。
ふっくらしていた頬でも、コラーゲンやヒアルロン酸が不足することで張りがなくなって小さくなっていきます。
減った部分の皮が重力によって下に引っ張られるためにシワができてしまいます。
ほうれい線ができるとどうしても老けた印象になってしまう為、年齢とともに気にする人は多くなってきます。
コラーゲン欠乏は、爪が欠けやすくなったり、歯ぐきの出血や肌の荒れを引き起こします。
歯や骨が年老いてもろくなったり、髪が抜けたり、関節が痛んだりなども起きるといいます。
ヒアルロン酸が不足している場合は、ドライアイ、目の痛み、関節の痛みや腫れ、肌の乾燥やシミ、シワの促進などが上げられます。
スキンケアだけでなく、健康維持にもヒアルロン酸やコラーゲンは重要な役割を果たしていますので、不足がないように取り入れておきましょう。
コラーゲンやヒアルロン酸の不足を改善するには、摂取するだけでなく睡眠も重要な役割をしています。
睡眠は肌を調整し、きれいにしてくれる時間になるのでコラーゲンやヒアルロン酸を摂取するだけではなく睡眠時間をしっかり取ることも大切になります。

コラーゲンとヒアルロン酸の摂取方法

コラーゲンやヒアルロン酸の不足を補う効果的な方法は、どういったものがあるでしょう。
食事を通じて、コラーゲンやヒアルロン酸を確保することが望ましいといいます。
忙しい現代人の場合、毎回の食事を栄養バランスの取れたメニューにすることは不可能に近いことでしょう。
コラーゲンやヒアルロン酸を含む食材を食べきれない時は、サプリメントなどを活用しましょう。
コラーゲンやヒアルロン酸のサプリメンは数多く商品化されているので、簡単に入手できます。
サプリメントやドリンクだけでなく、コラーゲンやヒアルロン酸がたくさん含まれている食品も積極的に食べるようにすることも大切です。
けれども、ヒアルロン酸の多い食べ物は、あまり一般的でないものが少なくありません。
いくらヒアルロン酸が多いからといって、毎日の食事に魚の目玉や豚の耳、とさかや鶏皮などを頻繁に出すわけにはいきません。
摂取量や調理法からみても少しハードルが高いものとなってしまうのです。
ヒアルロン酸は、サプリメントや食事を介して経口補給する以外にも、エステサロンや美容クリニックで注射をしてもらうことで体内に取り入れるという方法もあります。
コラーゲンやヒアルロン酸は無くてはならないものではないものの、老化を遅くして若々しくなる為には必須と言っていい成分です。
毎日の生活の中でコラーゲンやヒアルロン酸を上手に摂取するようにしたいものです。

関連サイト・お役立ちサイトの紹介です。


サイトメニュー